2017年11月6日  

【終了】11/11.12の2日間、秋の実りが東京駅に大集合!

2018年も開催決定!

※11/13追記
2017年のイベントは、盛況のうちに終了いたしました!
多くの方々にご来場いただき、誠にありがとうございました。

秋の実りが東京駅に大集合!
11/11.12の2日間、「2017年全国農業高校収穫祭」を開催します。
本文1_イベントロゴ - コピー
東京駅八重洲地下街(東京・中央区、通称:ヤエチカ)は、「全国農業高校収穫祭」を、11月11日(土)12日(日)の2日間、開催します。会場はJR東京駅八重洲地下中央口からすぐの「メイン・アベニュー」と、大丸東京店12階レストランフロアの特設会場。
全国46校の農業高校生たちが、自分たちで作った農作物(青果・米・ジャムなどの加工品)を主体に販売します。ヤエチカ会場では、ジャムが約20種類集結、試食して気に入ったものを購入できます!
食品以外にも、化粧水などのスキンケアアイテム(三重県立相可高校)や、「真壁石の石画」(茨城県立真壁高校)など“変わりだね”商品も並びます。
全国からやってきた農業高校生たちとご当地トークをしながら、食卓が豊かになる一品を探してみては?

■イベントポスター(画:東京都立園芸高等学校食品科2年齊藤愛海さん)
本文0_ポスター画像 - 軽 - コピー
■イベント概要
・タイトル:2017年全国農業高校収穫祭
・期間:2017年11月11日(土)11月12日(日)2日間
・時間:11:00~15:45(11日)、11:00~14:00(12日)
・場所:八重洲地下街メイン・アベニュー
(JR東京駅八重洲地下中央改札から徒歩1分)、
大丸東京店12階特設会場
・主催:毎日新聞社 全国農業高等学校長協会
・共催:株式会社大丸松坂屋百貨店 八重洲地下街株式会社
・協賛:株式会社マイナビ
・後援:農林水産省
・協力:株式会社ICI石井スポーツ
本文2_16年実施風景1-軽
■イベント内容
全国の農業高校で「農業」や「食」を学ぶ高校生が作った農作物や加工品などを、生徒自らが販売します。生徒の学習や将来の就農への意欲を高めると同時に、農業高校と生徒との活動を広く伝えます。
昨年は、オープン前からお待ちのお客様がいるほどの人気でした。
売り切れ次第終了なので、お早めにお出かけ下さい。

■ヤエチカ会場の参加校(12校)と販売品(予定)

・青森県立名久井(なくい)農業高等学校:ピーチジャム・りんごジャム・とりみそ
・秋田県立増田(ますだ)高等学校:餅・おかき・米飴ジャム
・茨城県立真壁(まかべ)高等学校:真壁石の石画・黒御影石の石画
・群馬県立利根(とね)実業じつぎょう高等学校:白米・にんにく・恐竜プラモデル
・東京都立八丈(はちじょう)高等学校:イチゴジャム・ブルーベリージャム・クッキー
・岐阜県中津川市立阿木(あぎ)高等学校:お茶ジャム・りんごジャムなど
・岐阜県立恵那(えな)農業高等学校:みかんジャム・ジャムセット・サブレ
・三重県立相可(おうか)高等学校:化粧水・ハンドジェル・リップクリーム・オレンジティーなど
・和歌山県立南部(みなべ)高等学校:うめジャム・いちごジャム・うめみかんジャム・梅干など
・広島県立庄原(しょうばら)実業高等学校:梨ジャム・マーマレード・米粉入りビスケット・米麺など
・徳島県立吉野川(よしのがわ)高等学校:レモン・みかん・藍染タオル・藍染リボン
・熊本県立北稜(ほくりょう)高等学校:みかん・小玉すいか

■前年の様子
本文_316年実施風景2-軽